Powered by

Home 店舗運営 シェアサロンとは?仕組みからメリットやデメリットまで徹底解説

店舗運営 2023/09/19 2024/02/22

シェアサロンとは?仕組みからメリットやデメリットまで徹底解説


この記事でわかること

  1. シェアサロンについて
  2. シェアサロンが注目されている理由
  3. シェアサロンを活用するデメリット

美容師として働く人のなかには、独立してフリーランスになりたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

シェアサロンは低リスクで独立できるとして人気のサービスで、シェアサロンを活用しているフリーランス美容師も多くいます。

本記事では、シェアサロンの仕組みや注目されている理由、メリット・デメリットなどを紹介するので、将来的に独立したいと考えている美容師の方はぜひ参考にしてください。

本記事では、美容室向けにおすすめのPOSレジを紹介しつつ、ぜひ取り入れておきたい機能やPOSレジ選びのポイントなど紹介します。

¥0から始められる

シェアサロン向け機能満載レジ

くわしく見てみる

 

この記事の目次

 

シェアサロンとは?

はじめに、シェアサロンとは具体的にどのようなものなのかを理解しておく必要があります。

以下で、シェアサロンの仕組みと業務委託や面貸しとの違いを紹介するので、チェックしておきましょう。

 

仕組み

シェアサロンとは、フリーランスの美容師がセット面や美容院に必要な設備をシェアして使える施設のことです。

自分の店舗を持たなくても、シェアサロンを借りればお客様にサービスを提供できます。フリーランス美容師以外にも、美容系の専門職者や店舗改装中の美容師などにもよく利用されています

料金体系はサロンによってさまざまですが、利用時間に応じて料金が決まるケースと、利用時間+売上に応じて料金が決まるケースの主に2種類です。また、別途初期費用や月額の会費が設定されているサロンもあります。

シェアサロンは場所を貸し出すだけで、施術のメニューや料金はサロンを利用する美容師側が自由に設定できます

 

業務委託や面貸しとの違い

フリーランス美容師には、業務委託や面貸しという働き方もあります。

業務委託とは、個人事業主として美容院などと業務委託契約を結んで働くことです。正社員ではありませんが、その美容院に来たお客様に対して施術を行います。給与や勤務時間などは美容院との契約によって決まり、その 美容院に所属する美容師としてサービスを提供するため、料金やメニューを自分で自由に決めることはできません。

シェアサロンは美容院とは契約を結ばず、美容師個人としてサービスを提供するのが業務委託との違いです。シェアサロンを利用する場合は、料金やメニューも自分で決められます。

面貸しは、美容院の1席を借りて施術が行える仕組みです。シェアサロンはすべての席が貸出用であるのに対して、面貸しは営業中の美容院の一部だけを貸し出します。

¥0から始められる

シェアサロン向け機能満載レジ

くわしく見てみる

 

シェアサロンが注目されている理由

シェアサロンが近年注目を集めているのは、次の2つの理由があります。

  • フリーランスとして独立する美容師が増加している
  • スタイリスト個人にファンがつく時代になりつつある

上記2つの理由について、以下で詳しく見ていきましょう。

 

フリーランスとして独立する美容師が増加している

シェアサロンが注目されている要因として、シェアサロンを利用するフリーランスの美容師が増えていることが挙げられます。

美容院に勤務する美容師は「労働時間が長い」「給与が低い」といった理由から離職率が高くなっていて、フリーランスとして独立する人も少なくありません。

フリーランスの美容師として働くには、お客様にサービスを提供する設備が必要です。自分のお店を一から作ろうと思うと時間もお金もかかりますが、すでに設備が整ったシェアサロンなら手軽に利用できます

シェアサロンは、独立を考える美容師にとって受け皿のような存在です。フリーランス美容師が増えるなか、シェアサロンも注目を集めています。

 

スタイリスト個人にファンがつく時代になりつつある

近年はInstagramやTikTokといったSNSを活用した集客が主流になっており、 美容院の知名度やブランドよりもスタイリスト個人にファンがつく時代になりつつあります

施術のビフォーアフター動画やこだわりポイントなど、集客につながる情報を積極的に発信しているスタイリストのSNSを見たことがある人も多いのではないでしょうか。

SNSをきっかけにスタイリストに興味を持った人にとっては、そのスタイリストがどこの美容院に所属しているかは関係ありません。このような状況も、美容師が独立する後押しとなっています。

「SNSで予約を受けてシェアサロンで施術する」といった営業スタイルで働くフリーランス美容師の存在も、シェアサロンが注目されている理由のひとつです。

¥0から始められる

シェアサロン向け機能満載レジ

くわしく見てみる

 

シェアサロンを活用するメリット

シェアサロンを活用すると、美容師には以下のようなメリットがあります。

  • 低リスクで独立できる
  • 時間や場所にとらわれることなく自由に働ける
  • 美容院の正社員よりも手取り収入額が高くなる可能性がある

それぞれのメリットについて、以下で解説します。

 

低リスクで独立できる

シェアサロンの代表的なメリットが、低リスクで独立できる点です。

自分の美容院を持つ場合は1,000万円以上の開業資金が必要となり、ライバルが多いため閉店のリスクも伴います。「開業資金が足りない」といった理由で独立を諦めている人もいるでしょう。

一方、シェアサロンを活用すれば設備の用意にかかるお金はサロンの利用料金のみで、すぐに営業を開始できます。シェアサロンの存在によって、美容師が独立するハードルは一気に下がるでしょう。

 

時間や場所にとらわれることなく自由に働ける

シェアサロンは自分で利用時間を決められて、どのサロンを使うかも自分で選べるため、時間や場所にとらわれずに自由に働けるのもメリットです。

正社員や業務委託は所属する美容院に出勤する必要があり、働く時間もお店の営業時間や決められたシフトに左右されます。

美容師の離職理由として長時間労働が挙げられることもあり、柔軟な働き方に憧れてフリーランスを目指す人も多いでしょう。シェアサロンを活用すれば、美容師という職業でも自由度の高い働き方が可能になります。

子育て中の人や副業で美容師をしている人も、シェアサロンの活用で自分の都合の良い時間だけ働くことが可能です。

 

美容院の正社員よりも手取り収入額が高くなる可能性がある

集客に成功して多くのお客様を獲得できれば、美容院の正社員美容師として働くよりも収入をアップさせられるかもしれません。

シェアサロンの利用にかかる費用はサロンごとのプランや利用時間、売上などによって異なりますが、例えば月額料金が固定のサロンなら、指名の数が多くなるほど手取りの金額は増えていきます。

給与の低さが理由で、退職を考えている美容師の人もいるでしょう。業界全体として給与が低いといわれることもあり、別の美容院に転職しても給与が上がるとは限りません。

しっかりと集客をしてお客様を多く呼び込んで、正社員よりも高い収入を得ているフリーランス美容師も多くいます

¥0から始められる

シェアサロン向け機能満載レジ

くわしく見てみる

 

シェアサロンを活用するデメリット

シェアサロンには多くのメリットがありますが、以下のようなデメリットもあるので注意してください。

  • 集客は自分で行う必要がある
  • 経理業務や予約管理などの経営も一人で行わなければならない
  • 収入が安定しない場合がある

上記3つのデメリットについて、以下で詳しく見ていきましょう。

 

集客は自分で行う必要がある

シェアサロンを活用してフリーランスで働く場合、基本的に集客は自分で行わなければなりません。

現在働いている美容院で多くの指名をもらっている場合は、独立してもついてきてくれるお客様もいるでしょう。しかし、指名してくれるお客様が少ない場合などは、独立後の集客が大変です。

美容院に所属していれば、美容院に広告運営などの集客活動を任せられます。また、店舗を構えているので「たまたま通りかかった」といった理由で来てくれるお客様もいるでしょう。

一方、フリーランスでシェアサロンを活用する場合は、集客活動も仕事のひとつです。SNSでの発信など、施術の合間にお客様を獲得するための地道な活動も求められます

シェアサロンによっては集客支援のサービスを提供している場合があるため、このようなサービスを活用するのも方法のひとつです。

 

経理業務や予約管理などの経営も一人で行わなければならない

フリーランスになると、これまで美容院側が行っていた経理業務や予約管理など施術以外の作業もすべて一人で対応しなければなりません。

日々の売上の管理や税金を支払うための確定申告、薬剤の仕入れやお客様からの問い合わせへの返信、トラブル対応など、さまざまな作業を施術の合間にこなす必要があります。

例えば、指名が多く施術に日中の時間のほとんどを使うようなスケジュールでは、上記のような事務作業は夜や休日に行うことになります。そうなると、正社員のときより労働時間が長くなってしまう可能性もあるでしょう。

フリーランスは自由度が高い反面すべて自己責任となり、対応しなければならない範囲が一気に広がることを理解しておく必要があります。

 

収入が安定しない場合がある

フリーランスの美容師は予約が入らなければ収入が得られないため、美容院に勤務する美容師と比べて収入が安定しない点もデメリットです。

月給が保障されているわけではないため、指名が取れなかったり体調を崩して働けない日があったりすると、その分収入が減ってしまいます。

また、自分で薬剤を購入する必要があることや、健康保険や年金など社会保険料が全額自己負担になるなど、正社員と比べて経済的負担が大きい点にも注意が必要です。指名を多く取れれば正社員美容師よりも多くの手取りがもらえますが、当然ながら独立によって収入が減ってしまう人もいます。

 

シェアサロンで美容ビジネスを始めたい人はPOSレジを検討してみよう!

シェアサロンはセット面などの設備が整った施設で、多くのフリーランス美容師が活用しています。

独立してフリーランスになる美容師が増えていて、シェアサロンを活用すれば低リスクで独立できるとして注目を集めています。

シェアサロンで美容ビジネスを始めるには、会計を行うレジを用意しなければなりません。

フリーランス美容師がPOSレジを活用するなら、「スマレジ」がおすすめです。会計だけではなく顧客管理や売上分析などもできるため、顧客体験の向上につなげることができるでしょう。iPadやiPhoneにアプリをダウンロードするだけで手軽にPOSの利用が始められるので、ぜひご活用ください。

POSレジ「スマレジ」の導入企業様

サロウィン株式会社様

複数店舗の精算一元化で、事務工数を大幅削減

毎月2週間かかっていた各店舗の精算工数が、スマレジ導入で3時間に短縮されました。

シェアサロンSALOWIN 公式ホームページ

執筆 菊池 勲

複数事業が存在するスマレジの中で、全社横断的にWebマーケティングを展開する事業戦略本部にてマーケティングを担当。 主にオンライン広告の取扱をメイン業務とし、各ベンダー様と共に出稿後のパフォーマンス・予算管理・データ分析および検証に基づくプランニングを担当。

このページの先頭へ