Powered by

Home 店舗運営 POSレジで在庫管理の効率化を実現!おすすめのシステムをご紹介

店舗運営 2021/07/21 2023/03/14

POSレジで在庫管理の効率化を実現!おすすめのシステムをご紹介

日々の業務の中で、食材や商品の在庫管理に頭を悩ませている飲食店経営者、小売店の事業者の方も多いのではないでしょうか。

在庫管理はなかなか難しいもので、煩雑になりやすい業務の一つです。

本記事では、在庫管理の業務を効率化してくれるPOSレジの在庫管理機能について、徹底解説していきます。在庫管理を改善したいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

¥0から始められる

自由自在な在庫管理を実現

30秒で完了 | 資料ダウンロード

 

この記事の目次

  1. 在庫管理とは?
  2. 在庫管理の課題
  3. 在庫管理にはクラウドPOSレジのスマレジがおすすめ!
  4. 在庫管理にPOSレジは必要不可欠!

 

在庫管理とは?

在庫管理とは、食材や商品を必要なときに必要な分だけ供給できるよう、適切に管理するために行う業務のことです。

商品の在庫数を管理することで、商品の品切れを事前に防げます。

もちろん、適切に在庫管理や商品管理を行っていれば必要以上の入荷なども防げるため、特に飲食店や小売店においてはとても重要な業務です。

在庫管理の方法は、基本的に以下の3つがあります。

  • 在庫管理表に手書きで記入する
  • エクセルで表を作成し入力する
  • 在庫管理システムに入力する

上記の方法で、棚卸、検品、在庫状況の把握などを行います。

 

在庫管理の課題

ここからは在庫管理を行う際に、どういった点が課題となっているのか、2つのポイントを例にあげ、1つずつ詳しく掘り下げてお伝えします。

 

業務が煩雑になっている

従業員間で販売商品・食材を収納する場所のルールが設けられておらず、同じ商品を別の場所に収納してしまうことがあります。

従業員によって管理方法がバラバラだと、商品や食材の正確な在庫数が把握できなくなります。

これは主に、在庫の多い店舗や商品が大きい店舗で起こりがちです。また、在庫管理を担当している従業員が多くても、管理が難しくなります。

結果、例えば特定の商品を探すのに時間がかかってしまうなど、業務が煩雑になります。

 

人的ミスが起こりやすい

在庫管理は入力業務が多いのが特徴です。

在庫移動の度に記録が必要になるので、入力ミスや数え間違いなどがどうしても発生してしまいます。入荷や出荷の記録漏れなど、誰もが一度は経験したことがあるでしょう。

また、社員の作成したエクセルシートを使用している場合、その中の数式1つが間違っているだけですべてのデータに誤りが生じ、正確な数字が把握できなくなるといったことも。

ルールを設けてなるべく人的ミスを減らすことが大切ですが、在庫管理においてはなかなか難しく大きな課題です。

 

在庫管理にはクラウドPOSレジのスマレジがおすすめ!

なんとか在庫管理の課題を解決したい。

そのような人におすすめなのが、クラウドPOSレジの導入です。

「POSレジって、レジのシステムじゃないの?」と思うかもしれませんが、POSレジの「スマレジ」には在庫管理機能が搭載されています。

ここではクラウドPOSレジのスマレジの在庫管理機能を詳しく紹介します。

 

棚卸機能

スマレジの棚卸機能では、棚卸を行う場所ごとにIDを割り振って管理が可能です。

店舗内の商品の在庫数を数える方法は、以下の2種類。

  • アプリを使って商品のバーコードを読み取る
  • パソコンの管理画面へ直接商品の在庫数を打ち込む

入力した在庫数を「棚卸数量」と「在庫数量」で差異を一目で確認でき、在庫確認の時間を短縮できるため、ズレがあった際には原因の追究に時間を割けます。

これまで在庫管理をエクセルシートで行っていた場合、CSVファイルの取り込みもできるので、管理方法をスムーズに切り替えられますよ。

 

発注・入荷・出荷機能

スマレジでは、簡単に商品の発注・入荷・出荷の管理が行えます。

商品データが発注と紐づけられているので、大量の商品を取り扱っている場合でも、誰がいつ何を発注・入荷・出荷したのかすぐに分かります

棚卸で問題が発生したとき、この機能をフル活用すれば、原因も解明しやすくなるでしょう。

 

店舗間移動機能

別の店舗に商品を移動させたい。そんなときに便利なのが、多店舗移動機能です。

商品を違う店舗に移動させた場合とき、店舗同士、簡単に商品の管理ができます。

店舗間移動機能の操作は、アプリとパソコンのどちらの管理画面でも実行可能です。

まとめて複数の商品を移動させたいときは、パソコンの管理画面からの操作がおすすめです。パソコン上では、CSVデータへの変換や一括送付ができるので、作業の手間を大幅に削減できます。

 

在庫変動履歴機能

スマレジの在庫変動履歴機能では、商品の履歴を一覧で確認できます。

どの店舗でどの商品がいつ・いくつ売れたのかが分かり、店舗をまたいで特定の商品の在庫数も確認することも可能です。在庫の動きを管理したいときに使いたい便利な機能です。

>> スマレジの在庫管理機能を見る

 

在庫管理にPOSレジは必要不可欠

POSレジの在庫管理機能は、煩雑になりがちな在庫管理の業務を効率化するためにも必要不可欠です。

システム化するだけでも、在庫管理におけるさまざまな課題が解決することでしょう。

クラウドPOSレジ「スマレジ」の在庫管理は在庫変動履歴や棚卸、店舗間移動機能などが搭載されています。大量に商品を扱っている店舗でも、正確かつスピーディーな在庫管理が目指せますので導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

執筆 菊池 勲

複数事業が存在するスマレジの中で、全社横断的にWebマーケティングを展開する事業戦略本部にてマーケティングを担当。 主にオンライン広告の取扱をメイン業務とし、各ベンダー様と共に出稿後のパフォーマンス・予算管理・データ分析および検証に基づくプランニングを担当。

このページの先頭へ