Powered by

Home レジ POSシステムとは?仕組みやPOSレジとの違いを理解しておこう

レジ 2022/05/16 2022/05/16

POSシステムとは?仕組みやPOSレジとの違いを理解しておこう

 

店舗を経営していると「POS」という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。POSシステムを活用すると店舗にさまざまなメリットがあるので、POSについて詳しく知っておきましょう。

本記事では、POSシステム・POSレジについて仕組みやメリットを詳しく解説します。おすすめのPOSレジも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

この記事の目次

  1. POSシステムの意味とは?
  2. 店舗経営にはPOSレジが便利!
  3. 【レジ比較】アプリも!人気の高いおすすめPOSレジ3選
  4. 業務の効率化や売上アップを目指している人はPOSレジを導入してみよう

 

POSシステムの意味とは?

POSは「Point Of Sale」の頭文字を取ったもので、「販売時点情報管理」と訳します。POSシステムは商品を販売した時点のあらゆる情報を収集・管理するシステムで、商品や売上、顧客などの情報を一元管理できます。飲食店や小売店、宿泊施設など、さまざまな店舗や施設で導入されているシステムです。

 

POSシステムの仕組み

POSシステムは、以下の流れで情報を収集・管理します。

  1. レジで商品のバーコードやOCR値札をスキャンし、情報を店舗パソコンやサーバーに送信する
  2. 店舗パソコンやサーバーがスキャンされた情報を照合し、商品名や価格などをレジに返信する
  3. 店舗パソコンやサーバーに売上情報(商品名・価格・個数・販売時間・顧客情報など)が記録される

POSシステムを店舗パソコンに搭載している場合は、店舗パソコンに情報が蓄積されます。一方、クラウド型のPOSシステムを利用している場合、情報はクラウド上のサーバーで一元管理されます。

このように、POSシステムではレジで商品をスキャンするだけで販売に関する情報が自動で収集・管理されるのが特徴です。蓄積された情報は売上分析や在庫管理など、店舗経営に活用できます。

 

POSレジとの違い

POSレジとPOSシステムは同じ意味で使われることがありますが、厳密には異なるものです。POSシステムは先述のとおり販売情報を収集・管理するシステムそのものを指しており、POSレジはPOSシステムを搭載したレジのことをいいます。

そのため、POSシステムを搭載していないレジは「POSレジ」とはいえません。一方、パソコンやタブレットにPOSシステムを搭載してレジとして使用している場合、そのパソコンやタブレットは「POSレジ」であるといえます。

 

店舗経営にはPOSレジが便利!

小売店や飲食店などの店舗経営には、販売情報を収集して管理・分析できるPOSレジが便利です。

ここでは、POSレジの歴史や機能、導入するメリットなどについて詳しくみていきましょう。

 

POSレジの歴史

世界ではじめてレジが使用されたのは、アメリカだといわれています。アメリカのカフェ経営者が、スタッフによる売上金の不正を防止するためにレジを開発しました。このときのレジは、金額を表示して顧客とスタッフの双方で確認できるだけの簡易なものです。

その後、日本でもレジが導入されはじめました。消費が拡大してレジの需要が高まるにつれ、金額だけでなく取引内容の表示やレシート発行機能などが追加されていきます。

POSレジが登場したのは、1970年代のアメリカです。そこから日本にもPOSレジが導入され、バーコードの技術と合わさって急速に普及が進みました。

近年ではPOSレジの技術はさらに進歩していて、会計業務だけでなく顧客管理や在庫管理など多くの機能が追加され、タブレットやスマートフォンで利用できるアプリタイプも登場しています。販売に関する情報は経営戦略にも役立つため、規模や業種を問わず多くの店舗でPOSレジが導入されています。

 

POSレジの種類

POSレジは、主に以下の3種類に分類されます。

  • ターミナル型
  • パソコン型
  • タブレット型

それぞれの特徴やメリットについて、以下で詳しく解説します。

 

ターミナル型

ターミナル型とは、大型の据え置き型のレジにPOSシステムを搭載したものです。POSシステムの利用を前提としたレジになっているので、バーコードリーダーや自動釣銭機、キャッシュレス決済用のカードリーダーなど、多くの機能が搭載されています。

ターミナル型のメリットは、高性能で多くの機能が利用できることと、従来のレジと操作性があまり変わらない点です。大型で高性能な分、導入費用が高額になるため、大型店舗やチェーン展開しているスーパー・コンビニなどが主に導入しています。

 

パソコン型

パソコン型は、POSシステムをパソコンにインストールしたものです。専用のレジを用意する必要がないので、ターミナル型より導入しやすいのがメリットです。ただし、必要に応じてキャッシュドロアやバーコードリーダーなどの周辺機器を購入しなければなりません。

POSシステムをインストールしても本来のパソコンとしての利用は可能なので、メールやエクセルといった機能も引き続き使えます。パソコンでデータ整理や分析ができるため、複数店舗を展開する企業やチェーン店などでの利用に適しています。

 

タブレット型

タブレット型は、iOSやAndroidのタブレット・スマートフォンにアプリタイプのPOSシステムをインストールし、レジとして使用します。タブレット端末は据え置き型のレジやパソコンよりも安価に購入でき、導入コストを抑えられるのがメリットです。また、日常的にタブレットやスマートフォンを利用している人は、直感的に使いこなせるでしょう。

パソコン型同様、必要に応じて周辺機器は別途購入する必要があります。タブレットは小さく持ち運びができるので、レジスペースが狭い小規模店舗や移動型店舗、イベント出店時などに適しています。

 

POSレジの主な機能

POSレジの主な機能として、以下が挙げられます。

  • 会計
  • 商品管理
  • 売上分析
  • 顧客管理
  • 在庫管理

POSレジは一般的なレジでの会計業務が可能です。商品を読み取って合計金額を算出し、預かり金額からお釣りを計算してレシートを印刷する、といった基本的な機能が使用できます。

店舗で取り扱う商品を管理する機能もあります。商品名・仕入価格・販売価格・メーカーなどを商品ごとに登録が可能です。

「いつ何が売れたのか」という売上管理の機能もあり、売れ筋商品や時間帯ごとの売上、セットで購入されやすい商品など、売上データからさまざまな分析ができます。

購入者の年齢や性別、会員カードを発行している場合は顧客の個人情報や購入履歴を管理できる、顧客管理の機能が搭載されているPOSレジもあります。

在庫管理機能は販売データを在庫数に反映し、現在の在庫数をリアルタイムで把握できる機能です。在庫数が一定数を下回るとアラートを出すPOSレジもあり、在庫切れの防止にも役立ちます。

 

POSレジを導入するメリット

POSレジを導入すると多くのメリットがあります。たとえば、以下のような点です。

  • レジ業務の効率化
  • 人的ミスの防止
  • 顧客満足度の向上
  • 経営に役立つデータ分析

POSレジは商品ごとの価格をあらかじめ登録できるため、会計時に値段を手入力する必要がありません。バーコードをスキャンしたりレジ端末で商品を選択したりするだけで合計金額が算出されるため、レジ業務の効率化につながります。

バーコードスキャンなどで商品や販売価格の読み取りが可能になると、人的ミスを防止できます。会計時に価格を間違えるとレジ締めの際に金額が合わなかったり、顧客とトラブルになったりする可能性があるため、それを防止できるのは大きなメリットです。

レジ業務を効率化すると待ち時間が短くなり、顧客側にもメリットがあります。クレジットカードや電子マネーなどに対応したPOSレジも多く、決済方法を多様化して利便性を向上させることで顧客満足度の向上も期待できるでしょう。

また、「時間帯ごとの売上推移」「セットで購入されやすい商品」「売れ筋商品・死に筋商品」など、店舗経営に役立つデータを得られるのも、POSレジのメリットです。

 

【レジ比較】アプリも!人気の高いおすすめPOSレジ3選

アプリタイプのPOSレジも、多く提供されています。人気の高いおすすめのPOSレジアプリは、次の3つです。

  • スマレジ
  • ユビレジ
  • Airレジ

それぞれのPOSレジアプリの特徴を紹介するので、POSレジ導入を検討している人はチェックしてみてください。

 

スマレジ

スマレジは、iPad・iPhone・iPod touchで利用できるPOSレジアプリです。業種や規模を問わず多くの店舗で利用されていて、10万店舗以上の導入実績があります。機能の豊富さと高性能であることが特徴で、販売の現場からのフィードバックをもとに日々アップデートを繰り返しています。

直感的でシンプルな操作画面で、多機能ながら使いやすさにこだわっているのもポイントです。レシートプリンタやキャッシュドロア、自動釣銭機などの周辺機器も取り扱っているので、利便性をより高めたい場合には併せて導入してみてください。

用途や業態に合わせた5つのプランがあり、基本的なPOSレジ機能を備えた無料プランも用意されているので、0円からの利用も可能です。

 

ユビレジ

ユビレジはiPad用のアプリで、iPad発売年にリリースされてから改良を重ねてきたPOSレジアプリです。業種を問わず国外を含め多くの店舗で利用されています。基本的なレジ機能に加え、売上分析や複数店舗管理、勤怠管理など、多くの機能を搭載しているのが特徴です。

会計機能に管理・分析機能を備えたプレミアムプランは、月額6,900円で利用できます。そのほか、飲食店向けオプションや小売店向けオプションといった業種に合わせたプランが用意されています。

 

Airレジ

Airレジは、iPadとiPhoneで利用できるPOSレジアプリです。一般的なレジ機能はもちろん、売上管理や分析、会計ソフトとの連携などさまざまな機能が利用できます。Airペイと一緒に使えば、クレジットカードや電子マネーなどのキャッシュレス決済を簡単に導入できるのも特徴です。

基本的なレジ機能や分析機能などは、すべて無料で利用できます。iPadや周辺機器を購入する場合はその費用が必要ですが、POSレジの機能を利用したりサポートを受けたりする際には費用はかかりません。

 

業務の効率化や売上アップを目指している人はPOSレジを導入してみよう

POSシステムは販売に関するさまざまな情報を収集・管理できるシステムで、POSシステムを搭載したレジをPOSレジといいます。POSレジを導入するとレジ業務の効率化や人的ミスの防止、売上げアップへの貢献など多くのメリットがあるので、導入を検討してみましょう。

スマレジは、多くの店舗で利用されているアプリタイプのPOSレジです。基本機能だけなら無料で利用でき、便利な周辺機器も多数取り扱っています。オンライン相談も受け付けているので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

資料ダウンロード
お問い合わせ

¥0から初められるPOSレジ

幅広い業種に対応 | カンタン操作

30秒で完了 | 資料ダウンロード
執筆 菊池 勲

複数事業が存在するスマレジの中で、全社横断的にWebマーケティングを展開する事業戦略本部にてマーケティングを担当。 主にオンライン広告の取扱をメイン業務とし、各ベンダー様と共に出稿後のパフォーマンス・予算管理・データ分析および検証に基づくプランニングを担当。

業界で活躍するゲストのお店作りエピソード満載

高機能なのに使いやすいレジ 幅広い業種・規模にフィット 豊富なレジ機能

今すぐ資料請求