Powered by

Home POSレジの人気メーカーを徹底比較!システムの特徴や機能は?

レジ・決済 2021/10/08 2021/11/11

POSレジの人気メーカーを徹底比較!システムの特徴や機能は?

「POSレジの導入を検討しているけど、どこのメーカーを選べばいいか迷っている」という人もいるのではないでしょうか。従来の据え置き型から、モバイル端末を使用するアプリタイプまで、さまざまな種類のPOSレジがあります。

製品やメーカーごとに特徴があるので、それぞれの機能やメリットを把握して、自社に合ったPOSレジを選ぶことが大切です。

この記事では、POSレジの人気メーカーを徹底比較します。それぞれのメーカーの特徴や、使いやすいPOSレジ製品を紹介しているので、参考にしてください。

 

この記事の目次

  1. 【シェア・トレンド】POSレジの市場規模
  2. POSレジのメーカー一覧
  3. 人気の高い大手POSレジメーカーを徹底比較
  4. 小売店向け!コンパクトで使いやすいPOSレジ3選
  5. POSレジを導入すると顧客管理から売上分析まで楽になる!

 

【シェア・トレンド】POSレジの市場規模

株式会社矢野経済研究所のPOSターミナル市場に関する調査によると、2019年度までは好調に推移していたPOSターミナル市場が、2023年度にかけて徐々に縮小していく見通しとされています。

2019年度までに多くの企業でPOSシステムのリプレースが完了し、しばらく買い替え需要が見込めないことと、新型コロナウイルスの影響で企業の業績が落ち込んだことなどが要因です。

一方、スマートフォンやタブレットを利用するアプリタイプのPOSレジは、導入する店舗が増えています。タブレットをレジとして使っている店舗をよく見かけるようになったと感じている人も多いのではないでしょうか。

アプリタイプのPOSレジは、導入の手軽さやPOSターミナルに比べて導入費用が安いことなどがメリットです。

また、今後はレジのセルフ化が加速するという予想もあります。すでに大型スーパーなどではセルフレジの導入が進んでいますが、感染症対策として非接触型レジの需要が高まっているので、セルフレジの普及はさらに進むでしょう。

 

POSレジのメーカー一覧

以下は、POSレジを提供するメーカーです。

  • Airレジ
  • スマレジ
  • 東芝テックPOS
  • ユビレジ
  • blaynレジ
  • poscube
  • クラブネッツ
  • エスキュービズム
  • VID
  • POS+
  • USENレジ
  • Square
  • ユーエステス
  • NEXPO
  • でん票くん
  • 寺岡精工
  • Regipad
  • マイドシステム
  • JPS
  • MFクラウド
  • BeSHOKU
  • はんじょうPOSレジ
  • NECモバイルPOS
  • Bionly
  • FreePOS
  • SOSIA
  • BeSALO
  • VERSE
  • Okageレジ
  • ダイニングPOS
  • SHARP
  • パワーナレッジPOS
  • ビジコム
  • 楽オーダー
  • Salon de Net
  • ONレジ
  • ワンレジ
  • Store Touch

 

人気の高い大手POSレジメーカーを徹底比較

大手メーカーからも、POSレジが販売されています。ここでは、人気の高い大手POSレジメーカーの特徴を、それぞれ紹介します。

 

東芝テック

POSレジ市場でトップのシェアを誇っているのが、東芝テックです。アプリタイプのPOSレジの普及が進む中、高性能で画期的な機能を搭載したPOSターミナルを開発している人気メーカーです。

取り扱っている機器の種類が豊富で、POSレジの各種周辺機器はもちろん、店舗バックヤード機器や複合機なども製造しています。

自動釣銭機や電子マネーチャージ機など、周辺機器によってPOSレジの機能を拡張できます。また、お客さまのスマートフォンで商品をスキャンして買い物できる「ピピットスマホ」など、画期的なサービスを提供しているのも特徴です。

必要な機能や周辺機器をひと通り取り扱っているので、東芝テックで必要なものをすべて揃えられるのも、人気の理由のひとつです。

 

富士通フロンテック

富士通グループの富士通フロンテックは、さまざまな業種に適したPOSレジを取り扱っており、約20%の業界シェアを占めています。

レジ本体とそれに搭載するシステムの両方を取り扱っていて、量販店向けシステム・専門店向けシステム・飲食店向けシステムのように業界ごとに最適な仕様のシステムを提供しているのが特徴です。

商品登録は店舗スタッフが行い、会計はお客さま自身が行うセルフ精算レジも取り扱っています。慣れたスタッフがすばやく商品を登録し、お客さまは会計のみを落ち着いて行えるので、レジ業務の効率化だけでなくセルフレジ化によるお客さまのストレスも軽減できます。

 

NECプラットフォームズ

NECプラットフォームズは、東芝テックに次いで業界2位のシェアを誇るメーカーです。コンパクトに設置できるプリンター一体型や縦型モデルなど、あらゆる店舗のスペースや店内の雰囲気にマッチするPOSレジを提供しています。

周辺機器を柔軟に設置できる「TWINPOS 9700Ui」や、省スペースなレジでも広い表示エリアを確保できる縦型ディスプレイの「TWINPOS 9700Ti」など、デザインと機能性を両立した製品が特徴です。

業種別のPOSシステムが用意されており、飲食店向けや小売業・専門店向けから、社員/学生食堂、売店向けまで、さまざまな業種で活用されています。

 

小売店向け!コンパクトで使いやすいPOSレジ3選

小売店には、コンパクトで使いやすいアプリタイプのPOSレジがおすすめです。ここでは、小売店におすすめのPOSレジを3つ紹介します。

 

スマレジ

スマレジは、iPhoneやiPadなどのiOS端末をPOSレジとして使用できるアプリです。基本的なレジ機能なら無料プランで利用できるので、導入や運用の費用を抑えられるのがポイントです。

販売情報だけでなく、顧客や在庫などあらゆる情報を管理できます。小規模店舗での利用はもちろん、複数店舗の情報を管理することも可能です。

機能の豊富さも特徴で、「3つで1,000円」といったバンドル販売や取り置き機能など、現場の声を反映した便利機能も多く提供されています。

キャッシュドロアやプリンターなどの周辺機器も取り扱っていて、必要な機器が揃ったレジセットも販売しているので「必要なものを一括で揃えたい」という場合にもおすすめです。

 

Ubiregi

Ubiregi(ユビレジ)は、iPadに対応したPOSレジアプリです。分析機能が備わっているので、売れ筋商品や売上の傾向など、店舗経営に役立つデータが得られます。

iPadが登場した2010年からサービス提供している実績があり、業種を問わず多くの店舗で利用されています。導入前から専任のコンサルタントがサポートしてくれるので、初めてPOSレジを導入する場合にも安心です。

 

AirREGI

AirREGIは、基本のレジ機能やデータの管理・分析、サポートなどが無料で利用できるPOSレジアプリです。売上データが自動的に集計され、リアルタイムで売上状況などを確認できます。

アプリはシンプルで使いやすく、誰でも簡単に操作できるのがメリットです。複雑な操作がないので、レジ業務の効率化やミス防止にも役立ちます。

Airペイと一緒に使うことで、専用のカードリーダー1台でクレジットカードや交通系ICなどさまざまなキャッシュレス決済に対応できるのも特徴です。

他社サービスと連携できるので、クラウド会計ソフトに自動で売上データを送信したり、デリバリーサービスからの注文を自動でレジに反映させたりすることもできます。

 

POSレジを導入すると顧客管理から売上分析まで楽になる!

POSレジにはさまざまな高度な機能が備わっているので、これからレジを導入するならPOSレジがおすすめです。大手メーカーからも便利なレジ本体や業種ごとに最適なPOSシステムが提供されているので、自社にどんなPOSレジが適しているのか検討してみましょう。

コンパクトで使いやすいPOSレジをお探しなら、モバイル端末をレジとして使えるPOSレジアプリもチェックしてみてください。スマレジなら、iOS端末にアプリをインストールするだけで利用を始められます。無料の資料やオンライン相談の窓口もご用意しているので、ご活用ください。

資料請求はこちら

スマレジに無料でオンライン相談する

執筆 菊池 勲

複数事業が存在するスマレジの中で、全社横断的にWebマーケティングを展開する事業戦略本部にてマーケティングを担当。 主にオンライン広告の取扱をメイン業務とし、各ベンダー様と共に出稿後のパフォーマンス・予算管理・データ分析および検証に基づくプランニングを担当。

  • キャッシュレス対応
  • 顧客情報の管理
  • 売上の管理

店舗のお悩み、
すべて 解決できます!

クラウドPOSレジ「スマレジ」の資料請求

¥0から初められる
高機能クラウドPOSレジ

今すぐ資料請求