Powered by

Home 店舗運営 飲食店向け!テーブルソリューション(テーブルチェック)とは?

店舗運営 2022/06/24 2022/06/24

飲食店向け!テーブルソリューション(テーブルチェック)とは?

 

テーブルソリューション(テーブルチェック)は、飲食店向けの便利な機能を提供しているサービスです。飲食店経営は日常業務が忙しく、経営戦略にまでなかなか手を付けられていないという人も多いのではないでしょうか。

テーブルチェックは、日常業務の効率化から経営戦略の検討までサポートしてくれます。本記事ではテーブルチェックの代表的な機能を詳しく紹介するので、飲食店経営を効率化したい人はぜひチェックしてみてください。

 

この記事の目次

  1. テーブルソリューション(テーブルチェック)は注目度の高い飲食店予約顧客管理システム
  2. テーブルソリューション(テーブルチェック)の機能
  3. 飲食店は今すぐテーブルソリューション(テーブルチェック)を利用してみよう!

 

テーブルソリューション(テーブルチェック)は注目度の高い飲食店予約顧客管理システム

テーブルチェックは、予約管理や顧客管理といった飲食店の業務を効率化する機能が備わったサービスです。

飲食店はテーブルへの案内や料理のサーブ、会計など、対応しなければならないことが多くあります。売上分析や顧客情報の共有といった接客以外の仕事もあり、なかなかすべての業務に手が回っていないという店舗も多いのではないでしょうか。

テーブルチェックは、そんな忙しい飲食店をサポートしてくれるサービスです。作業を効率化して残業時間を削減したり、高度な顧客管理でリピーター率をアップさせたり、さまざまな効果が期待できます。

以降では、テーブルチェックの機能を詳しくみていきましょう。

 

テーブルソリューション(テーブルチェック)の機能

テーブルチェックには、以下のような機能が備わっています。

  • 予約管理
  • 顧客管理
  • コンタクトレス決済
  • 無断キャンセル対策
  • データ分析・マーケティング

それぞれの機能でできることを、以下で詳しく紹介します。

 

予約管理

予約管理の機能として、24時間365日受け付けが可能なネット予約が利用できます。ネット予約ページへのリンクを店舗のWebサイトに貼るだけで利用でき、リアルタイムの空席情報に基づいて自動で予約を受け付けてくれます。

ほかにも、グルメサイト経由の予約を自動で取り込んだり、忙しい時間帯や営業時間外でも電話予約を受けられる電話自動応答なども利用可能です。

このようにテーブルチェックで取り込んだ予約や、従来どおり電話で受け付けた予約は、予約管理画面で確認できます。テーブルチェックの予約管理機能には、以下のような特徴があります。

  • 使いやすいフロア・チャート・カレンダー画面
  • 分析に役立つレポート機能
  • 簡単に管理できるテイクアウト・デリバリー受付

それぞれの特徴について、以下で詳しくみていきましょう。

 

使いやすいフロア・チャート・カレンダー画面

テーブルチェックは管理画面が見やすく、カレンダー表示で予約状況をひと目で把握できます。団体予約やイベントの開催を見落とさないので、問い合わせがあったときも予約状況をすぐに把握でき、スムーズな対応が可能です。

空席状況やテーブルごとの食事の進行状況などを確認できる「フロア画面」では、予約情報と配席ルールに応じて自動で配席してくれます。

「チャート画面」は、時間軸に沿って予約のチャート表示が可能です。一定時間に受け付けられる予約数なども表示され、新人スタッフでも迷わず予約を受け付けられます。

 

分析に役立つレポート機能

テーブルチェックには予約の傾向を分析できるレポート機能が備わっているため、店舗経営に欠かせない分析がより簡単になります。デイリーレポートは当日の予約一覧など14種類の台帳・レポートが用意されており、ボタン1つで出力できます。

マンスリー分析レポートは、予約の流入経路や時間帯などさまざまな視点でレポートを出力できるため、これまで分析にかかっていた手間を大幅に削減できるでしょう。

 

簡単に管理できるテイクアウト・デリバリー受付

新型コロナウイルス感染症の影響で、通常営業ができなかったり座席数を制限せざるを得なかったりして苦労している飲食店も多いでしょう。そんなときに役立つのが、テイクアウト・デリバリー受付機能です。

24時間自動で予約を受け付けられるテイクアウト機能や、全国から受け付けられるデリバリー受付の機能が提供されていて、通常営業が制限される状況でも店舗運営が続けられます。

 

顧客管理

テーブルチェックは高性能な顧客管理機能を提供しています。顧客情報の管理は飲食店にとって重要で、顧客データを活用することで顧客満足度やリピーター率の向上が図れます。お客様ひとりひとりに合ったおもてなしをするために、顧客情報を役立てましょう。

テーブルチェックには、以下のような顧客管理機能が備わっています。

  • さまざまな顧客情報の管理
  • 電話対応が便利になるCTI連携
  • 複数の条件を組み合わせた顧客情報の検索
  • 顧客情報を有効活用したeメールマーケティング

それぞれの機能について、以下で詳しく紹介します。

 

さまざまな顧客情報の管理

テーブルチェックでは、あらゆる顧客情報を登録できます。以下は、登録できる情報の一例です。

  • 連絡先
  • 来店履歴
  • 過去の注文内容
  • 支払い情報
  • 食事の好みやアレルギー
  • 利き手
  • 誕生日・記念日 など

連絡先や来店履歴といった基本的な情報から、アレルギーや利き手など飲食店ならではの情報も登録が可能です。好みやアレルギーに配慮した料理を提供したり、カトラリーの位置を利き手に合わせてセッティングしたりすることで、お客様の期待以上のおもてなしができるでしょう。

登録した情報は複数のスタッフや系列店と共有できるようになっているので、お客様がいつ来店しても同じレベルのおもてなしが可能です。

 

電話対応が便利になるCTI連携

CTIはシステムと電話・FAXを連携する技術で、テーブルチェックのCTI連携機能を使うと着信と同時に顧客情報が画面に表示されます。名前や電話番号だけでなく来店回数や先の予約情報なども表示されるため、電話応対に必要な情報が電話に出る前から把握できます。

新人スタッフでも電話応対がしやすくなり、登録された顧客情報からワンクリックで予約の作成が始められるので予約受付業務の効率化も可能です。

名前を聞き間違えたり、同姓の別のお客様と間違ったりするリスクが減らせるので、トラブル回避にもつながります。

 

複数の条件を組み合わせた顧客情報の検索

多くのお客様が訪れる店舗では、登録した顧客情報が検索しやすいかどうかも大切なポイントです。テーブルチェックの顧客管理機能は、「VIP」などのフラグ情報や会計金額、来店回数など登録されているあらゆる情報で検索できます。

複数条件の組み合わせも可能で、例えば「来店回数が3回以上で、来月が誕生日」といった指定もできます。そのほか、顧客ごとにフリーテキストでメモを残すことができ、そのメモの内容でも検索可能です。

マーケティング戦略として、売上傾向に応じて顧客をグルーピングしたり、一定の条件を満たす顧客へのキャンペーンを実施したりするときに、細かい条件で顧客を検索できる機能はとても役立ちます。

 

顧客情報を有効活用したeメールマーケティング

一度来店してくれたお客様に、メールでアプローチしている店舗も多いでしょう。テーブルチェックにはeメールマーケティングの機能があり、メールを使った販促や誕生日・記念日の特別な案内などを送れます。

顧客管理機能で登録したさまざまな情報から任意の条件で宛先リストを作成でき、リストを連携すれば外部のメールマガジンサイトからの配信も可能です。配信停止の管理もできるので、お客様と適切なコミュニケーションが取れるようサポートしてくれます。

 

他メーカーとのPOS連携

テーブルチェックは、他メーカーとのPOS連携も可能です。POSレジで会計した内容が連携され、顧客情報として管理できます。NECや東芝テックなど国内外の主要POSシステム13社以上との連携が可能です。

2020年9月からは「POS+」「UレジFOOD」といったタブレット型POSレジとも連携を開始していて、会計データや顧客情報をテーブルチェックとPOSレジの双方から一元管理できるようになっています。

 

コンタクトレス決済

コンタクトレス決済とは、店頭での会計が不要になるテーブルチェックの新たな非接触型決済サービスです。お客様に予約時にクレジットカード情報を入力してもらい、当日の会計金額をそのクレジットカードに請求する仕組みになっています。領収書もオンラインで発行し、店頭での会計のやりとりは必要ありません。

お店側の操作も簡単で、お客様の食事が済んだら会計金額をテーブルチェックに入力し、送信ボタンを押すだけで完了します。レジで現金やクレジットカードをやりとりする必要がなく、忙しい時間帯にレジ前でお客様をお待たせすることもなくなります。

レジでの接触を最小限にできるので、コロナ禍でも安心して利用してもらえるでしょう。

 

無断キャンセル対策

テーブルチェックには、業界唯一のドタキャンゼロを実現する機能「キャンセルプロテクション」が備わっています。キャンセルプロテクションは予約時にクレジットカード情報を取得することで無断キャンセルを防ぎ、万が一ドタキャンや無断キャンセルが発生してもキャンセル料を確実に請求できます。

キャンセルプロテクションは、必要なメニューにだけ設定ができるのが特徴です。例えば大人数の予約にのみキャンセルプロテクションを設定して、少人数の予約は対象外とすることもできます。

お客様のうっかり忘れを防ぐための、SMSやメールを使った予約確認の自動送信も可能です。これらの機能で突然のキャンセルを防ぎ、店舗の損失を最小限に抑えます。

 

データ分析・マーケティング

テーブルチェックのデータ分析ツール「Insight」は、売上や予約状況のデータを分析してグラフでわかりやすく表示してくれます。例えばグルメサイトごとの集客数グラフを見れば、どのサイトにより販促費をかけると効果的かがわかるでしょう。

このように、データ分析ツールを使うと、実績に基づいた経営戦略が可能です。分析したデータはメルマガなどのマーケティング施策を検討する際にも役立ち、日々蓄積するデータを有効活用できます。

大量のデータを手動でグラフ化して分析するのは大変なので、データ分析・マーケティングツールを活用するのがおすすめです。

 

飲食店は今すぐテーブルソリューション(テーブルチェック)を利用してみよう!

テーブルチェックは飲食店の経営を効率化できるサービスで、忙しい飲食店の業務や経営をサポートしてくれます。コロナ禍で求められているコンタクトレス決済や、飲食店を悩ませる無断キャンセルへの対策など、テーブルチェックを導入すると多くの問題の解消につながるでしょう。

テーブルチェックが気になった人は、今すぐ公式サイトをチェックして導入を検討してみてください。

¥0から初められるPOSレジ

売上分析・税率対応・レジ締めも楽々

30秒で完了 | 資料ダウンロード
執筆 菊池 勲

複数事業が存在するスマレジの中で、全社横断的にWebマーケティングを展開する事業戦略本部にてマーケティングを担当。 主にオンライン広告の取扱をメイン業務とし、各ベンダー様と共に出稿後のパフォーマンス・予算管理・データ分析および検証に基づくプランニングを担当。

業界で活躍するゲストのお店作りエピソード満載

高機能なのに使いやすいレジ どんなお店でも使いやすい 充実の機能・拡張性

今すぐ資料請求