Powered by

Home レジ POSレジソフトとは?基本機能や導入メリット、選ぶときのポイントを解説

レジ 2022/05/27 2023/02/28

POSレジソフトとは?基本機能や導入メリット、選ぶときのポイントを解説

POSレジソフトは多くの機能があるため、どのように選べばよいか、迷う方も多いのではないでしょうか。

今回はPOSレジソフトの基本機能や導入メリット、選ぶときのポイントについて解説します。POSレジソフト選びにお困りであれば、ぜひ参考にしてください。

 

この記事の目次

  1. POSレジソフトとは
  2. POSレジソフトの基本機能
  3. POSレジソフトを導入するメリット
  4. POSレジソフトを選ぶときのポイント
  5. POSレジを選ぶなら10万店舗以上が利用するクラウドサービス「スマレジ 」がおすすめ

POSレジソフトとは

POSレジソフトとは、POSレジを動かすのに必要な機能を備えたソフトです。POSとは、「Point Of Sales」の頭文字を取ったもので、レジで精算したと同時に商品や顧客などの情報を記録・集計できる機能があります。

以前はPOSレジソフトの導入には、専用の端末やパソコンなどが必要で、導入コストが高く、そう簡単に導入できるものではありませんでした。しかし、近年ではタブレット型のPOSも登場し、導入コストが大幅に下がりました。その結果、規模の小さい店舗や個人経営の店舗でもPOSレジの導入が容易になっています。

POSレジソフトを導入することで、基本となる会計機能や売上管理に加え、キャッシュレス決済や在庫管理、勤怠管理など、さまざまな業務の効率化を図ることができるとともに、売上アップにもつなげられます。

 

POSレジソフトの基本機能

POSレジソフトは会計機能に加え、日々の業務を効率化できるさまざまな機能がついています。どのような機能があるか、次で解説します。

 

会計機能

POSレジソフトは会計機能を有しています。従来型のレジであれば、スタッフが商品の金額を手入力しなければなりませんでした。このような作業は、手間がかかるだけではなく、金額の入力ミスをしてしまうこともあります。

しかし、POSレジソフトを導入すれば、事前に商品情報を登録でき、商品ボタンを選択しての会計や、バーコードの読み取りを利用した会計が可能です。

また、業種内容に応じた機能と連動させることもできます。たとえば、飲食店であればセルフオーダー機能でオーダーしたものをレジ精算時に自動で反映させるなど、事業の形態に合わせた機能を導入できるため、会計業務をよりスピーディに処理することが可能です。

会計時に担当者の登録や在庫管理機能と連携させられるため、会計業務以外の業務効率化や売上情報収集などにも貢献します。

 

キャッシュレス決済機能

POSレジで利用できる機能として、キャッシュレス決済も特徴的です。キャッシュレス決済はクレジットカードやICカード、スマホのQRコード決済など、現金以外の方法で決済を行う手法です。

現金を使わずに決済ができるため、会計にかかる時間を短縮できます。また、現金を管理する手間がなくなるため、締め作業も楽になります。そのため、レジでの混雑回避や業務効率の改善効果が期待できるでしょう。

衛生面でもメリットがあります。現金のやりとりは非衛生的で、新型コロナウイルス対策の観点でも、好ましいとはいえません。現金のやり取りを減らすことで、衛生管理の質を高めることができます。

また、お客さん側の立場では、決済手段が増えることで満足度が上がるため、売上アップの効果も期待できます。POSレジ導入と同時にキャッシュレス決済を導入すると、連携がスムーズに進むでしょう。

 

売上管理機能

POSレジは売上情報をすぐに集計でき、売上管理を効率化できます。

従来型のレジであれば、売上情報を収集するためには、手動でお金を数える、現金と売上状況にズレがないか確認するなど、多くの手間がかかります。また、現金と売上情報にズレがあった場合の原因把握も難しくなります。さらに、売上日報や現金出納帳の作成、人件費や仕入れなどの経費入力や集計などまで行わなければいけません。

売上管理機能があれば、会計と同時に売上情報の記入が行われるため、業務終了と同時に、簡単に締め作業に取り掛かれます。自動釣銭機を利用すれば、現金も自動で集計されるため、ミスの心配もありません。

 

商品在庫管理機能

POSレジを使えば、会計と連動した商品在庫の管理が可能です。従来型のレジの場合、在庫の量を手作業で管理する必要がありました。そのため、在庫の不足を把握しにくく、管理にも手間がかかってしまいがちです。しかし、POSレジが在庫管理機能と連動していれば、手作業で在庫を管理する手間がなくなり、すぐに在庫状況を確認できます。

また、インターネットを使うクラウド型のPOSレジソフトであれば、複数店舗の在庫状況を同時に把握可能です。リアルタイムで複数店舗の在庫状況を把握することで、仕入れの量やタイミングを最適化できるほか、店舗間での商品移動による在庫調整まで対応できます。

 

売上分析機能

POSレジソフトを導入すると、データの収集だけではなく、店舗の売上の分析までできます。商品ごとの売上や、利益率が高い商品、セットで購入されている商品などの情報まで管理可能です。

POSレジソフトが導入されていれば、顧客ごとの商品の売れ行き、利益額や利益率の計算、年齢や性別ごとの売上、曜日や季節ごとの売上の変化など、細かいデータが集計でき、グラフなどにして表示可能です。それらの情報をわかりやすくレポート作成してくれるため、データ作成に時間と手間がかかりません。

複数店舗の情報も管理でき、日々の売上だけではなく、店舗ごとの売上分析や企業全体の売り上げ分析も可能です。

 

勤怠管理機能

POSレジソフトは勤怠管理と連動させることもできます。従来であればタイムカードや出勤簿などで、勤怠を管理する必要があり、残業時間の管理や給料の計算も従業員ごとに行う必要がありました。

勤怠管理とPOSレジソフトが連動することで、タイムカードなどの準備が不要になります。会計業務と勤怠管理が連動することで、人件費の管理も効率的にできます。

POSレジソフトと勤怠管理の連動は、働き方改革への対応するうえでも重要です。働き方改革関連法により、これまで以上に正確な労働時間の管理が求められるようになりました。POSレジソフトでは、タイムカードなどの管理方法よりも、より正確な労働時間の管理ができ、働き方改革関連法を遵守した勤怠管理が行えます。

 

POSレジソフトを導入するメリット

POSレジソフトを導入するメリットは、導入のしやすさや業務効率化ができる点などがあります。どのようなメリットがあるのか、次で解説します。

 

専用のレジ端末が不要で簡単に導入できる

POSレジソフト導入のメリットは、専用のレジ端末が必要なく、簡単に導入できることです。従来であれば、POSレジソフトは専用の端末やパソコンが必要で、導入コストがかかるものでした。また、故障した場合のリスクが高く、バージョンが古くなった場合には、更新のための買い替えが必要です。そのため、導入コストの問題から、簡単には導入できませんでした。

しかし、現在では専用端末は必ず必要というわけではありません。専用端末やパソコン以外に、iPadなどのタブレットで管理できるPOSレジソフトもあります。タブレット型端末を導入することで、初期費用とランニングコストを大幅に抑えられます。また、システムもインターネット上でアップデートされるため、システムを一度導入すれば、常に最新の状態で利用できます。そのため、端末買い替えも基本的に必要ありません。

 

レジ会計の業務効率化

POSレジソフト導入のメリットはレジ会計の業務効率化です。POSレジソフトの場合、バーコードの読み取りやタブレット上の画面で商品名をタップすることで会計できます。POSレジソフトは、使い勝手が重視されており、POSレジ操作に慣れていない人でも、直感的な操作が可能です。

会計時の手入力の手間が抑えられ、ミスが生じにくく、レジ操作がスムーズになるため、レジの混雑回避やレジ業務時間の削減につながります。スタッフの教育の手間も削減可能です。また、スタッフの負担軽減や顧客満足度の向上効果も期待できるでしょう。

 

在庫管理が容易になる

POSレジソフト導入のメリットは在庫管理が容易になることです。在庫管理は店舗の利益に大きく関わり、いかにして余分な在庫を減らすかは重要な問題でした。POSレジソフトを導入すると、店舗ごとの在庫をPOSレジソフト上で管理でき、会計と同時に在庫の状況も更新されるため、店舗の在庫状況をより正確に把握できます。

商品の販売個数や在庫状況がリアルタイムに把握できることで、仕入れや状況に応じた発注中止も可能です。また、在庫状況が自動で反映されるので、在庫管理に必要な行程を減らすこともできます。そのため、在庫管理の業務が効率化できるだけではなく、より適切な在庫管理をすることにも役立つでしょう。

 

多店舗の一元管理ができる

POSレジソフトは複数店舗がある場合、多店舗の一元管理ができることが魅力です。従来のレジの場合、複数店舗の状況を把握するには、個別の店舗に連絡を取り、ときには各店舗の店長の締め作業や売上管理表などの更新を待つ必要がありました。また、手作業による入力ミスなどの問題が生じることもあり、正確な分析や管理が困難な場合もあります。

しかし、クラウド型のPOSレジソフトが導入されていれば、複数店舗の売上状況や在庫状況などがリアルタイムで確認できます。インターネット環境があれば、店舗にいない状況でも、店舗の売上状況や在庫状況を把握可能です。また、自動で集計してくれるため、常に最新の売上状況が把握できる点もメリットです。

 

売上データの分析による経営改善

売上データを分析することで、経営改善につなげられるのも、POSレジソフト導入のメリットです。従来のレジの場合は、データ収集に時間と手間がかかるうえ、詳細なデータ収集が難しい点が問題でした。

POSレジソフトを導入することで、POSレジ導入前ではできないような集計ができ、より高精度な分析ができます。顧客情報と紐付けることで、顧客ごとの売上や、年齢、性別ごとの売上、どのような商品とセットで売れているかまで把握可能です。

これらの分析から、POSレジソフト導入前では難しいような分析ができ、経営課題のより詳細な把握や、マーケティング戦略に生かすこともできるでしょう。

 

POSレジソフトを選ぶときのポイント

POSレジソフトを選ぶときにはさまざまなポイントがあります。ここではどのようなポイントがあるか、紹介します。

 

価格

POSレジソフトを選ぶときは、導入時の初期コストと、ランニングコストそれぞれをサービスごとに比較しましょう。同時に、どのような機能を必要としているか、どのような付属品を購入しなければいけないかも把握することが大切です。サービスによっては、付属端末の料金が高額な場合もあります。

また、POSレジソフトは、プランによってできることに違いがあるため、必要な機能を把握したうえで、価格を比較しましょう。

 

機能性・操作性

POSレジソフトを選ぶポイントは機能性と操作性です。POSレジは経営者よりもスタッフが主に利用することになるため、現場での使用感を確認することが重要です。また、機能は高機能なほど費用が上がるため、必要な機能を厳選して選びましょう。

POSレジソフトはショールームなどで実際に触って確認できる、または無料体験ができるサービスもあるため、実際に触ってみて判断すると、失敗のない選択ができます。

 

拡張性

POSレジソフトを選ぶときには、さまざまな機能と連携ができるか拡張性についても確認しましょう。また、店舗数が多い企業の場合は、店舗が増減したときの、対応しやすさについても確認が必要です。

特に規模が大きい企業の場合には、さまざまな機能と連動させることで、大幅に業務効率が高まります。POSレジソフトのなかには、外部ソフトと連携ができるものもあります。どのようなソフトと連携できるか、自社ですでに使っているソフトと連携できるかどうかなどを確認しましょう。

 

サポートの対応力

POSレジソフトを導入するときには、サポートの対応力も重要です。毎日使用するものなので、万が一故障してしまうと、業務に支障が出てしまいます。トラブルが起きた際に、どこに連絡できるか、どの程度サポートしてもらえるかも確認しておきましょう。

また、POSレジソフト自体が安定して起動できるのか、システムの稼働率についても確認しておくと、より安心して利用できます。

 

POSレジを選ぶなら10万店舗以上が利用するクラウドサービス「スマレジ 」がおすすめ

POSレジソフトは、さまざまな機能があり、価格、機能性、操作性、拡張性、サポートの対応力といった観点でソフトを選ぶとよいでしょう。

POSレジソフトのなかでも、特におすすめなのがスマレジです。は基本的な機能が充実しているのはもちろんのこと、月額料金0円からで利用でき、業種や事業規模に合わせて柔軟にカスタマイズできます。また、拡張性が高く、さまざまな外部ソフトとのAPI連携も可能。アフターサポートも充実しており“スマレジ検定”に合格した高度な専門知識をもつスタッフが対応してくれます。

¥0から始められるPOSレジ

幅広い業種に対応 | カンタン操作

30秒で完了 | 資料ダウンロード
執筆 菊池 勲

複数事業が存在するスマレジの中で、全社横断的にWebマーケティングを展開する事業戦略本部にてマーケティングを担当。 主にオンライン広告の取扱をメイン業務とし、各ベンダー様と共に出稿後のパフォーマンス・予算管理・データ分析および検証に基づくプランニングを担当。

業界で活躍するゲストのお店作りエピソード満載