Powered by

Home 店舗運営 小売店やアパレルにPOSレジが必要な理由と適切な選び方

店舗運営 2021/07/02 2022/05/19

小売店やアパレルにPOSレジが必要な理由と適切な選び方

会計に締め作業、在庫管理や棚卸に課題を感じている小売店やアパレル店の経営者も多いのではないでしょうか?

会計では金額の入力ミスが多く、レジの計算が合わない。商品の数が把握できておらず、品切れになることがよくある。いろんなデータがバラバラに管理されており、必要なデータが必要な時に取り出せない。店舗を運営するのは、そう簡単なことではないですよね。

そのような課題解決を目指し、POSレジを検討しているお店が増えてきています。スーパーや飲食店はもちろん、小売店やアパレル店でもPOSレジを利用している店舗がたくさんあるのです。

本記事では、POSレジについて徹底解説します。小売店やアパレル店におすすめな理由や選び方も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事の目次

  1. POSレジとは?
  2. 小売店やアパレルがPOSレジを導入するべき理由
  3. POSレジの選び方
  4. 【徹底比較】小売店・アパレルにおすすめのPOSレジ3選
  5. システムをしっかり比較しながらPOSレジを検討してみよう

 

POSレジとは?

POSレジの「POS」は、「Points of Sales」の頭文字。日本語に直訳すると「販売時点情報管理」になります。簡単に言うと、顧客に商品を販売した際に生じる金銭のやりとりの情報などを随時に記録し、集計する機能をもったレジです。

さまざまなPOSレジがありますが、基本的には以下のような機能が搭載されています。

  • 会計・レジ機能
  • 売上分析機能
  • 顧客管理機能

従来のレジに比べ、店舗経営に必須な機能がすべて搭載されているのがPOSレジなのです。

 

 

 

小売店やアパレルがPOSレジを導入するべき理由

POSレジは、小売店やアパレル店におすすめです。その理由については、まずはご紹介します。

 

売上アップが期待できる

POSレジを導入することで、売上アップが期待できます。

POSレジでは、取り扱っている商品の情報を事前にシステムに登録することで、販売商品ごとの売上金や販売個数がリアルタイムに確認できます。もちろん、売れた時間や曜日、月や年などの詳細なデータの把握も可能です。

このような細かいデータが揃っていれば、商品の配置やディスプレイの見直し、また商品の入れ替えなどがしやすくなります。売上アップに繋がる戦略が練りやすくなるのは、POSレジを導入する大きなメリットでしょう。

 

在庫管理の効率化が実現できる

POSレジを導入することにより、在庫管理の効率化が実現できます。

在庫管理に優れているPOSレジ「スマレジ」の在庫管理機能を見てみましょう。

  • 棚卸機能
  • 在庫変動履歴機能
  • 店舗間移動機能
  • 発注・入荷・出荷機能

在庫管理機能を利用すれば、商品在庫が簡単に把握できるようになります。すべて一つのデータにまとまっているので、在庫を完全にコントロールできるのです。いつ仕入れていつ売れたのか分かるようになれば、より店舗が運営しやすくなるでしょう。

 

よりスムーズに接客できるようになる

POSレジを導入することによってスムーズに接客できるようになります。

前述したとおり、POSレジには「顧客管理機能」が搭載されています。接客中に顧客の情報が必要になったとき、すぐに引き出すことができるので、ストレスのない接客が可能です。購買データを利用して、顧客のニーズに合ったキャンペーン情報やクーポンが届けられるのも、メリットの一つです。

もちろん、接客中に在庫の確認が必要になった際、わざわざ倉庫に行くことなくシステム上ですぐに確認できます。

 

多店舗の管理が簡単になる

POSレジを導入することで多店舗の管理が簡単になります。

経営している店舗数が多ければ多いほど、在庫状況や売上データ、顧客情報など把握しなければならない情報が増えます。各お店が閉店した後に、さまざまなデータが送られてきて、情報を整理するのに時間をかけている経営者も少なくないでしょう。

POSレジでは、多店舗の情報が一元管理できます。各店舗の売上もリアルタイムに把握できるようになるのも大きな魅力です。データの集計や分析にかかる時間が削減でき、業務の効率化に繋がります。

 

POSレジの選び方

小売店やアパレルがPOSレジを導入するメリットについて理解したところで、次にPOSレジの選び方をご紹介します。

 

機能

POSレジを選ぶとき、何よりも重視したいのが「機能」です。

前述したとおり、POSレジに搭載されている機能はレジ・会計機能だけではありません。他にも、顧客管理機能や売上分析機能、在庫管理機能などが搭載されています。POSレジによって強みは変わってくるので、最も重視したい機能を見極め、理想としている運営が実現できそうかどうか見極めましょう。

また、例えば「レジ・会計機能」だけでもPOSレジによって設定できる項目は異なります。

現状の課題を整理し、課題解決に繋がるPOSレジを選んでみましょう。

 

操作のしやすさ

POSレジを選ぶ時は、操作のしやすさも意識することが大切です。せっかく導入しても使いこなせないようであれば無駄なコストになってしまいます。

また、自分だけ操作できれば良い、という訳ではありません。他の従業員のことも考慮し、全員が安心して使えるPOSレジを選びましょう。場合によっては、多数の機能が搭載されているPOSレジよりも、インターフェースがシンプルなPOSレジの方が、全員にとって使いやすいかもしれません。

 

費用

最後に、POSレジを選ぶ際に費用も考慮しましょう。

POSレジにかかる費用は下記の二つ。

  • 初期費用(導入コスト)
  • 月額費用

メーカーやプランによって費用は大きく異なるので、しっかり比較しながら検討してみてください。

 

徹底比較】小売店・アパレルにおすすめのPOSレジ3選

小売店やアパレル店におすすめのPOSレジは、下記3つです。

それぞれの特徴をご紹介します。

 

スマレジ

スマレジは、高機能で使いやすいと評判のタブレット型POSレジです。iPadやiPhoneなどにアプリをダウンロードし、すぐに使い始められます。

スマレジは特に在庫管理に優れているので、商品の管理に課題を抱えている小売店やアパレル店にはぴったりです。どの店舗に何が何個保管されていて、いつ何の商品が売れたのか、すぐに把握できます。

また、スマレジのレジ機能には取り置き、会員販売、さらにはポイント販売があり、これも小売店やアパレル店には大きなメリットです。顧客にニーズに合わせた販売が実現できると、リピーターも増えるでしょう。

そんなスマレジの費用は、下記の通りです。

  • プラン
  • 月額費用
  • スタンダードプラン
  • 月額0円
  • プレミアム
  • 月額4,400円(税込)
  • プレミアムプラス
  • 月額7,700円(税込)
  • フードビジネス
  • 月額11,000円(税込)
  • リテールビジネス
  • 月額13,200円(税込)

プランによって使える機能やサービスが異なるので注意が必要です。

 

NEXPO

NEXPOは、2012年にサービスが開始されたiPad対応型のPOSレジサービス。バーコード入力や商品管理、在庫管理、売上分析といった基本的な機能が備わっており、中でも小売店やアパレル店に強いと言われています。

インターフェースがシンプルで、簡単に使えるのもNEXPOの大きな魅力。直感的に使えるのは、間違いなく嬉しいポイントです。

また、上位モデルレジ「アスのレジ」であればカスタマイズも可能。例えば、サイズや採寸結果等をデータで残したい、などの希望がある場合、気軽に相談できます。

NEXPOの費用を見てみましょう。

  • オプション
  • 月額費用
  • レジアプリ基本料金
  • 月額1,078円(税込)
  • 在庫管理オプション
  • 月額1,078円(税込)
  • 売上分析オプション
  • 月額1,078円(税込)

 

SquarePOSレジ

Squareはクレジットカード決済やタブレットPOSレジを展開しています。SquarePOSレジは無料で使うことができるのにも関わらず、高品質で使いやすいPOSレジです。基本的なレジ機能に加え、売上や在庫管理機能なども揃っていて、さまざまなデータをリアルタイムで集計できます。

また、SquarePOSレジの大きな魅力と言えばスリムでコンパクトなデザイン。場所を取らないため、狭いスペースでも安心して使えます。

前述したとおり、SquarePOSレジは無料で利用できます。他のPOSレジのように、月額費用はかかりません。ただし、決済端末を購入する際にはお金がかかるので、注意しましょう。

  • 決済端末
  • 月額費用
  • Square Reader(Bluetooth接続)
  • 7,980円(税込)
  • Square Stand
  • 32,980円(税込)
  • Square Terminal(レシートプリンター内蔵)
  • 46,980円(税込)

 

システムをしっかり比較しながらPOSレジを検討してみよう

小売店やアパレル店にとって、POSレジの導入はさまざまなメリットがあります。しかし、POSレジによって強みや使いやすさは異なります。だからこそ、しっかり比較して選ぶことが大切です。

中でも、今回ご紹介したスマレジは小売店やアパレル店におすすめです。このような業種に特化した機能が揃っているのはもちろん、導入事例も多いので、ぜひ検討してみてください。

気になる人は、ぜひこちらから資料請求をしてみてくださいね。

執筆 菊池 勲

複数事業が存在するスマレジの中で、全社横断的にWebマーケティングを展開する事業戦略本部にてマーケティングを担当。 主にオンライン広告の取扱をメイン業務とし、各ベンダー様と共に出稿後のパフォーマンス・予算管理・データ分析および検証に基づくプランニングを担当。

  • キャッシュレス対応
  • 顧客情報の管理
  • 売上の管理

店舗のお悩み、
すべて 解決できます!

クラウドPOSレジ
「スマレジ」の資料請求

¥0から初められる
高機能クラウドPOSレジ

今すぐ資料請求

高機能なのに使いやすいレジ 幅広い業種・規模にフィット 豊富なレジ機能

今すぐ資料請求

高機能なのに使いやすいレジ 顧客ニーズにしっかり対応 キャッシュレス連携

今すぐ資料請求

高機能なのに使いやすいレジ どんなお店でも使いやすい 充実の機能・拡張性

今すぐ資料請求

タイムカードをクラウドで 勤怠・シフト・給与など クラウドで一元管理

今すぐ資料請求